【元自動車保険会社員が教える】地震や台風でも車両保険は使える?

 

皆さんは自動車保険と聞く何を想像しますか?一般的に交通事故のような人為的なアクシデントに備えるための保険をイメージするのではないでしょうか。

では、台風や土砂崩れなどの自然災害や地震による津波のような災害は自動車保険でカバーされるのでしょうか。

 

f:id:min9821:20200502181442j:plain

 

今回は地震や台風の時はどうなるのかまとめてみました。

 

車両保険ってなに?

車両保険とは人為的なアクシデントや不慮の事故の場合の補償 です

 

補償内容の一つである車両保険は、自分の車が人為的なアクシデントや不慮の事故によって、何らかの損害を受けたときに補償してくれます。最も補償範囲の広いタイプの車両保険(一般型)の場合、たとえば電柱やガードレールに衝突してしまったというような、相手のいない単独事故の場合にも補償が受けられます。

 

他にも当て逃げのように、相手のいる事故でもその相手を特定できない時も車両保険(一般型)を使うことができます。さらには、落書きやいたずらによるガラスの破損で起きた傷など、不慮の事故によっても保険金を受け取れます。

 


自然災害はどうなる?

では、自然災害の場合にはどうなるのでしょうか

答えはケースバイケースとなっています

車が損傷するのは交通事故に限ったことではありません。たとえば地震や台風といった自然災害によって車がダメージを受けることは十分考えられます。


また、ゲリラ豪雨の発生により短期間に大量の雨が降ることもありますが、その結果、車が水没してしまうこともあります。水に浸かってしまうと車が故障する可能性が高いです。
他にも土砂崩れなどが近くで発生して、車が押し流される事態もあります。このようなケースで車が損害を受けた場合は、車両保険の補償を受けることが可能です。

 

ただし、自然災害の種類によって補償される場合とされない場合とに分けられるため注意が必要です。


たとえば、火災や洪水、台風などが原因の場合には車両保険で補償されます。
しかし、地震や噴火、これらを原因として発生した津波による損害であれば、車両保険に加入していても補償は受けられないため気をつけましょう。

 

2011年3月11日に発生した東日本大震災の時東北地方を中心として、甚大な被害が発生しました。
この被害状況を見てみると、地震被害ももちろんありましたが、地震の後に発生した津波による被害が大半でした。
この時も車両保険では補償を受けることはできませんでした。

 

 

先ほど紹介したように、地震を原因とした津波による被害は、補償の対象外になってしまうからです。
しかし、+αで補償を手厚くすることで地震の時も保証ができる会社もあるので確認しましょう!

 

最後に

いかがでしたか?今回は地震や台風の時に車両保険は使えるのかでした。

 

一般的に地震の時は出ないと言われています。しかし、せっかく年間の保険料を払って保険に加入しています。
時間がある時に1度加入している保険会社に問い合わせてはいかがでしょうか
何かアドバイスや救済措置があるかもしれません。