首を寝違えた時はどうすれば治る?

皆さんはこれまでに寝違えたことはありますか?

私はつい最近も寝違えました。起きた時であったり仕事中に寝違えていると痛いし、動かし辛いしで一日ブルーになります。

 

首が気になって仕事の効率も下がってしまいます。

 

f:id:min9821:20200502182936j:plain


 

 

今回はそんな寝違えた時の対処方法についてまとめてみました!

 

「寝違える」ってなに?

そもそも「寝違える」とは何でしょうか?「寝違え」とは首の周囲の筋、腱、筋膜などの急性炎症の総称です。

一般的な症状としては朝起きたときに、首を動かすと強い痛みや頭痛や背中まで痛む場合もあります。

 

寝違えが起きる原因として睡眠時の姿勢にあると言われています。

寝ている場所が狭かったり、枕が合わなかったりと不自然な体勢が続いて寝返りをほとんど打てなかったりすると、首まわりに負担がかかり筋肉を傷めてしまうことになります。これが「寝違える」の原因になっています。

 

寝違えた時の対処方法

寝違えの痛みは時間が経つと落ち着いてくるので、何も対処せずにそのままにしているという人もいると思います。
確かに放っておけば徐々に治るものがほとんどですが、1~2週間経っても痛みが治まらない、頻繁に寝違える場合は病院できちんと診てもらいましょう。

 

患部を冷やす

寝違えた時に迷うのが、冷やすのか? 温めるのか?です。

ひどい痛みがあるまたが熱もっている場合などであれば、まず冷やしましょう。多少は痛みが和らぐので、保冷剤をタオルで巻いて痛みのある部分に当てて冷やしましょう。

 

 

しかし腫れや痛みがひいたら、今度はあまり冷やしすぎないようにしましょう。冷やしすぎると逆に筋肉が縮少してしまうので注意してくださいね。

 

湿布を使う

痛みを抑えるために湿布を使うのも効果的です。
仕事に早く行かなければならない時、移動中は貼っておいて着いたら剥がすと良いですね(湿布の匂いが強いのでそこは大変ですが…)

しかし、湿布を貼ったことによって直ったと勘違いして動かしすぎるのはNGです。

 

楽な位置から首を動かさない

寝違えは炎症、ケガをしているのと同じです。なるべく動かさないよう安静にしてください。

休日であればベットでゆっくりしつつ患部を冷やしておくのが一番ですね。お仕事中であれば椅子に首を傾げて楽にしておきましょう。

 

 

最後に

どうでしたか?今回は寝違えた場合についてでした。最近よく寝違えるようになっていたので歳のせいかな…と考えたりしています。

皆さんも寝違えには注意してくださいね!