【元自動車保険会社員が教える】会社の車で事故が起きたらどうすればいい?

働いている方のなかには、営業などで社用車の運転を毎日している方もいますよね?その方々は毎回、社用車を運転しているという緊張と闘っているのではないでしょうか。

今回は、会社の車で事故を起こし加害者になってしまった場合にどのような対応をすべきかを紹介します。

 

f:id:min9821:20200502170752j:plain


会社の車を運転する前の確認事項

交通事故の対応は、自家用車であっても社用車であっても基本的に同じです。

仕事上、運転業務が必須の場合採用段階から運転歴について聞かれ入社して配属されたらすぐに営業車を運転するということもあるようです。

まずは、社用車のどこに保険証券や車検証の写しを備えているか緊急時の連絡先をきちんと把握しておきましょう!見つけられない場合は、上司に確認してから運転するといいですね。


社用車で業務中に事故を起こしてしまうと?


社用車で事故を起こしたとき動揺したり、不安になるかたは多くいます。自分の車でも動揺するのに、会社の車であれば尚更ですね。
しかし!まずは落ち着いて被害者の救護や警察の届け出などに対応し事故の状況を勤務している会社と保険会社に連絡しましょう。

 


①会社が責任を負う

運転していた従業員は、被害者に対して損害賠償責任を負います。
しかし、業務中の事故であれば従業員1人が全ての責任を負うのではなく会社もまた「使用者責任」つまり使用者としての賠償責任を負うことになります。

これで安心できるという訳ではないですが少しでも気持ちは楽になったのではないでしょうか?

 


②被害者への賠償は会社の保険から

業務中の事故には、従業員と会社は連帯して賠償責任を負います。
例えば、会社のロゴの入った社用車と接触した被害者のなかには「会社に責任を取ってほしい」と考える方もいます。加えて一従業員よりも資力のある会社から損害賠償を受けられた方が安心という方も多くいます。

 


③賠償の一部負担を求められることも

会社の保険は補償内容が十分ではないことがあります。
例えば、社用車を修理するための車両保険には入っていない場合などです。この場合、会社の事業に支障が出ないよう会社が修理するとしても事故を起こした従業員は一部負担を求められることがあります。

あとは、明かに運転中の従業員の重大な過失があった時(飲酒運転など)は会社の保険で賄えた場合でも一部負担の請求は避けられません。

 


④事故を起こした従業員の責任は?

事故の損害賠償について、会社の保険または会社の負担として支払われてもそれで終わりではありません。上で載せたように事故を起こした従業員は、会社が支払った賠償額のうち運転者としての責任に応じた賠償額を、後で会社から求められることがあります。

会社からの求償があるかないか、求償がある場合には最終的に従業員がいくら負担すべきかは、「会社が十分に安全運転の指導をしていたのに、運転中にスマートフォンを操作していた」などのさまざまな事情によって異なります。

まずは会社から従業員への事情の聞き取りなど、会社と従業員との間で話し合いがおこなわれます。
運転時に十分に注意していたり過失があっても軽度だった場合なら、損害の負担が生じるとしても限定されることが一般的です。

 

重大な過失はなかったとご自身で主張できるよう、十分に注意を払っておきましょう!