5月29日はこんにゃくの日! ダイエットにも使える食品

皆さん5月29日はこんにゃくの日です!

これは、全国こんにゃく協同組合連合会と一般財団法人・日本こんにゃく協会が1989年に制定しました。

 

f:id:min9821:20200523101506j:plain

 


日付は「こ(5)んに(2)ゃく(9)」という語呂合せから決まったようです。

そこで今回は「こんにゃく」についてまとめてみました。

 

 

こんにゃくとは


こんにゃくは、こんにゃく芋から作られます。こんにゃく芋サトイモ科の植物で、その球茎から、私たちが食べるこんにゃくが作られています。

 

こんにゃくは、低カロリーで食物繊維が豊富で、体内の老廃物を外に出してくれます。

 

お腹の掃除をしてくれることから、「砂おろし」「砂払い」「胃のほうき」などと呼ばれることもあるようです。

 

こんにゃくダイエットは手軽で簡単にできる

 

以前「こんにゃくダイエット」としてテレビで紹介されて一躍話題になりましたね。そこから今でも試す方の多い人気のダイエット方法になっています。

 

こんにゃくもスーパーで安価で手軽に購入できるので試しやすいダイエットになっています。

 

こんにゃくダイエットのメリット

 

こんにゃくダイエットのメリットは、なんといってもカロリーを抑えることできる点です。

 

こんにゃく自体は、100gあたり約5kcalになっています。

 

市販のこんにゃくは、1枚300gなので1枚全部食べても15kcalのカロリーを摂取するだけです。

 

こんにゃくは弾力もあるため満腹感を得易い食品です。

加えて、こんにゃくには「グルコマンナン」という食物繊維があります、
これは、胃や腸で消化されずに大腸に運ばれていきますので、満腹感が続きやすいとも言われています。


また、水分を含んだグルコマンナンが体内に入ることで便秘解消をサポートしてくれると言われています。

 

便秘が解消できただけでも、ウエストがすっきりし、痩せたと感じることができます。

 

さらに、こんにゃくには、さしみこんにゃくや糸こんにゃくなど色々な種類があり、味付けをしやすい所も、ダイエット食品に適しています。

 

こんにゃくダイエットのデメリット

こんにゃくに含まれているグルコマンナンは水を吸収しやすいので、一気に食べ過ぎてしまうと水分の重さで体重が増加してしまうこともあります。

 

また、食べ過ぎると消化しきれなかった食物繊維が腸内に溜まります。

場合によっては、腸内で詰まってしまい腸閉塞になる危険もあるようなので注意しましょう!

 

1日に300gだとダイエット効果が期待できるので300gを目安にしましょう。

 

こんにゃくダイエット方法 

こんにゃくダイエットは非常に簡単で、様々な方法があります。

 

食前ダイエット

食前にこんにゃくを食べる「食前ダイエット」は、食事の約30分前にこんにゃくを100g食べ、コップ一杯の水を飲む方法です。

 

こんにゃくが水分を吸収して、満腹感をアップしてくれますのでどか食いすることなく少ない食事で満足感を得やすくなります。

 

1食置き換えダイエット

3食の食事の内、1食分をこんにゃくに置き換えるダイエットもあります。

 

食事を置き換える場合には、あまり活動する必要がない夕食に置き換えるのがおすすめです。

朝や昼に置き換えするとエネルギーが足りずぼんやりしてしまうのであまりおすすめできません。

 

食事の一部を置き換えダイエット

他にも食事の一部をこんにゃくに置き換える方法もあります。

 

ご飯や麺にこんにゃくを混ぜたり、おかずの一部にこんにゃくをプラスしてかさ増しするのがおすすめですよ。

 

TV放送で話題 こんにゃく米 乾燥 無農薬 徳用 850g 送料無料 マンナン ヒメ 無添加 こんにゃくご飯 糖質50%カット 糖質制限 糖質オフ カロリーオフ マンナンヒカリ 置き換え ダイエット ロカボ

価格:2,222円
(2020/5/23 10:16時点)