8月16日は五山送り火

皆さんは、京都の「五山送り火」を知っていますか?

お盆には様々な場所で伝統行事が行われますが、京都の「五山送り火」はとても有名ですね。

京都の夏を代表するイベントで、毎年8月16日の20時から始まります。

 

f:id:min9821:20200813114938j:plain


 

 大文字焼きって何?

 

関東の一部の地域では、お盆に帰ってきていたご先祖様を再びあの世へ送り出すために、
「大」という字を松明の炎で描く行事で、京都以外でもお盆の送り火として行っています。

 

京都では、山焼きではないことを周りが分かるように「大文字焼き」ではなく、「五山送り火」や「大文字の送り火」と表現することもあるようです。

 

大の字に意味はある?

さて、送り火として山を焼くことは分かったのですが、なぜ「大」という漢字で焼くのでしょうか?
明確な理由はありませんが、いつくか仮設があるようです。


①魔除けの意味

「大」という字は、魔除けの象徴でもあるの五芒星の意味があるという説です。

 


空海が大の字に護摩壇を組んだ

空海が大の字に護摩壇(ごまだん)を組んでいたことから大の字にしたという説です。
護摩とは、供物や願い事を書いた木を焼いて祈願する儀式のことを言います。

 

 

③人間に見立てている

「大」という漢字は「一」と「人」という漢字に分解することができます。
これを一人の人間と見立てて、無病息災を願う目的があったという説です。

 

2020年の五山送り火はどうなる?

最後に、今年(2020年)の五山送り火ですが今年はコロナウイルス感染拡大防止のため、規模を大幅に縮小して行われることになりました。

 

見物客の三密化を防ぐため、今年は点火箇所を大幅に減らし、「大」の文字などが判別できない形で行う予定と公式サイトにて報道が行われました。

 

今年は例年のような送り火を見ることができまず残念ですが、来年に期待したいですね!