すぐにできる!腹痛の対処方法

学校の授業中や通勤、通学途中に急な腹痛に襲われたことはありませんか?

近くにトイレがない場合や、授業中や会議中とかで席を立てないケースもよくあります
そこで今回は、急な腹痛への対処方法を紹介します

景色を見て落ち着く

腹痛になったら、気分を落ち着かせることがとても大切です。
電車の中であれば外の景色を見たり、気を紛らわせるだけで腹痛が緩和されることがあります。

深呼吸をする

景色を見ても落ち着かない時は、ゆっくりと大きく息を吸い込み息を吐いてください。深呼吸の要領ですね
何回か深い深呼吸をすることで腹痛を緩和することが期待できます。

優しくマッサージする

お腹に手を優しく当てて、ゆっくりと反時計回りに回すようにマッサージしてみてください。
ゆっくりとさすることで、腸の動きを和らげる効果があります。マッサージをする時は、力を入れすぎてお腹を圧迫してしまうことのないように注意してください。時計回りだと便秘に効くため間違えると大変なことになります。

タオルを当てる

お腹を温めることも腹痛緩和に効果があります。
タオルがあればお腹にタオルを当ててあげて、腹巻代わりに利用すると良いです。



事前にしておくべきこと

上の方法の他にもある程度準備しておくことで、腹痛を緩和することができます。
事前準備としては、ホッカイロや腹巻がオススメですよ。

経験からお腹を温めることが有効です。
出かける前にお腹にホッカイロを貼っておくことで腹痛を緩和することができます。また、温かい素材の洋服を着ておくことも大切です。

加えてお腹を温める効果のある飲み物を持ち歩くことで、腹痛になってもすぐに対処することができます。
水筒にお茶や紅茶などを入れて持ち歩くことで、腹痛緩和の対策ができます。お腹を圧迫する服装やベルトは避けることも事前予防に繋がります。
さらに、持ち歩く鞄の中に水なしで飲むことができる下痢止めを準備しておくと安心ですね。

どうでしたか?やはり腹痛って嫌なもので、なるべく早く痛みを緩和したいですね。そんな時に上記の方法を試して下さいね!