【自動車保険元会社員が教える】大雨で車が浸水したらどうすれば良い?

日本において災害で、地震と同じくらい車が傷ついてしまう災害があります。
それは、大雨です。近年、毎年のように大雨による災害が相次いで発生しています。

 

f:id:min9821:20200714112853j:plain

 

皆さんの中には、ガレージの中ではなく外の駐車場に置いている方も多いのではないでしょうか。そんな時に、大雨の影響で浸水していたら嫌ですよね。
そこで、今回は大雨で車が浸水した場合はどうなるのかを紹介していきます。

 

車が浸水したらどうなるの?


台風による大雨やゲリラ豪雨によって、車が浸水してしまった場合、車での移動は危険です。

車が浸水した場合、エンジンに水が入ってしまいその状態でエンジンをかけると、故障してしまう可能性があります。

 

浸水被害に遭わないよう、運転中や駐車中に車が浸水する可能性があると感じたときは、余裕がある際はできるだけ早く車を高台に移動することをお勧めします。

 

浸水した場合の対処法

上に載せたように車が浸水した場合、道路の水が引いたからといってエンジンをむやみにかけるのはNGです。


通行の邪魔になるからというような理由で、やむを得ず脇に寄せるなどの移動をするときには、シフトレバーをニュートラルにして、手で押して移動させましょう。

大雨が落ち着いた後に、浸水したため修理に出したい場合はレッカーやディーラーに連絡すると車を持っていってくれるため、自身が入っているJAF自動車保険のサービスを見直しておくと安心ですね。

  

浸水した時の修理費について

車が浸水し、修理に出した時どうしても修理費がかかります。場合によっては修理ができずに買い替える事もあるかもしれません。

 

そんな時は保険会社に連絡します。契約の中に「車両保険」が入っていれば事故の時と同じように修理費や、新しく車を購入する時の費用にできるので一度確認してみましょう!

  

しかし、保険を使うと等級(割引率)が下がってしまうため翌年の保険料は高くなってしまいます。

もちろん、保険を使う話の際に担当者からの説明もあるので保険を使う、使わないは修理費用や自分の貯金額などと相談し、ご自身の判断で決めましょう。