【元自動車保険会社員が教える】新車特約(新車買替特約)は付けた方がいい?

 

皆さんは今まで、新車を購入した時にディーラーから『新車特約』をつけた方が良いと言われたことはありませんか?

 

f:id:min9821:20200502181207j:plain

 

おそらくその場で、つけた時の保険料が上がってしまい付帯を辞めた方や、補償内容を聞いて付帯した方といると思います。しかし、当初は説明を受けて納得した内容でも時間が経つにつれて忘れてしまったり、次回の新車購入時にどうするべきか悩む方もいるでしょう。

そこで今回は、そんな『新車特約』についての紹介です。

 

 

新車特約って何?

いきなり、新車特約といっても分からない方が多いのではないでしょうか?
この特約は、新車購入した時にしか付けれず、期間が過ぎると自動的に外れてしまう特約なので見たことがないという方もいるかもしてません。

 

まず、簡単に説明すると新車特約とは車が自動車事故によって全損か保険金額の50%以上の修理費が発生した時に使えます。

 

例を挙げると、車を360万円で購入したとします。そんな中、車同士の事故によって180万円(購入金額360万円の半分以上)以上の修理費がかかった時に修理費ではなく、購入金額(360万円)を補償するという内容です。

 

ちなみに、車両保険のプラスαとして付けれる特約なので、車両保険に加入していることが大前提となっています。

この特約をつけていると、新車を修理してそのまま乗り続けることもできますし、また新しく別の車を購入することもできます。せっかく新車で購入したのに、傷が一度ついた車を乗るのに抵抗がある方や、今後何が起こるかわからないからと念のためつける方が多いですね。

 

新車特約はつけるべき?

上で説明したように、車両保険のプラスαになるため、保険料が高くなり付けるか付けないか悩む方は多くいます。しかし、どこの保険会社も説明していますがこの新車特約は付けることをおすすめします。

 

理由は、新車特約がついている限りは車の全損した時購入金額分全額負担をしてくれるからです。1年目は新車特約の魅力を感じにくいと思いますが、この特約が役に立つのは2年目からです。

新車購入し、車両保険のみの加入をしていた場合毎年車自体の価値が下がることから「減価償却」されていきます。そのため2年目に全損し、車両保険のみの加入だと「減価償却後の金額」までが補償されます。どうしても、購入金額と同じ金額の補償はできなくなっています。

 

しかし、そんな時に新車特約がついていると減価償却の影響を受けずに「減価償却後の金額」ではなく、「新車購入金額」が補償されます。

 

新車特約は何年間付けれるの?

 

新車特約をつけた方の中で、次に気になるのがいつまでこの特約は付帯しているのかということです。保険会社の中では、約3年間は新車としてみなすという規定があるため3年間は新車特約をつけることができます。

 

また、新車購入時には加入していなくても途中から自身で新車特約を追加できるようにもなっています。しかし、その時には当時の購入金額が必要になっているので事前に調べておくことをおすすめします。