寒い日に、作ってみよう!鍋の味付けおすすめ4選

毎年のことですが、12月になってからいきなり寒くなってきたと感じませんか?

そんな寒い日には、鍋で温まることが多くなります。そこで今回は、体が温まる鍋の紹介をしていきます。

 

鍋の印象って、体が温まるし野菜は取れるしと良いことだらけなのですが作るたびに、味がほとんど同じものになってしまうという欠点があります。

特に一人暮らしの方は、自分の好きな鍋ばかりを作ってしまうのではないでしょうか

 

f:id:min9821:20201128141821j:plain


 

 

今回は、個人的に一押しの鍋4選を紹介するので参考にしてください!

 

 

 

キムチ鍋

 

これは皆さん食べたことが多いと思います。でも、やっぱり定番ってホッとしますね

みなさんは鍋の具材は何を入れますか?白菜や豆腐、人参、豚肉とかでしょうか

 

もしも、キムチ鍋を作ろうと考えている方がいれば油揚げを入れて欲しいです!

 

油揚げは今ままで入れたことなかったのですが先日冷蔵庫に余っていたのでなんとなく入れてみました

すると、鍋のスープを吸いとっても美味しかったのです。おでんのがんものようにスープがジュワッと口の中に広がるのが好きな方は、是非試していただきたい

 

また、欲を言うなら『南関(なんかん)揚げ』という揚げで試して欲しいです。

 

f:id:min60037119:20191226225025j:image

 南関揚げとは、熊本県南関町で製造している商品です。

 

普通の油揚げとは違って、調理前は薄くペラペラしているのですが、水分を含むとふっくらジューシーになるという特徴があります。

トースターで焼くことで、パリパリとした食感になりお酒のつまみとしても食べることができるので、スーパーとかで見た際には手にとってみてください。

 

 

ふぐちり

 

f:id:min60037119:20191226225039j:image

 

フグって高級なイメージがあるのですが、その分いつもは食べれないものという印象です。

ただし、ふぐは沢山入れなくっていいんです。少しの量でも、十分にふぐの旨みを感じることができます。

 

そして、ふぐちりの真骨頂は雑炊にあります。鍋にご飯や溶き卵、上にネギを入れればフグの出汁を吸った雑炊の完成です。

 最後まで、余すことなく完食できます。

 

みつせ鶏の鍋

 

f:id:min60037119:20191226225057j:image

 

私は去年初めてこの存在を知ったのですが、みつせ鶏本舗というところから『みつせ鶏 鍋つゆ(200g)』と鶏肉(これもみつせ鶏!)を購入し簡単に作ることができます。

透き通ったスープで、あっさり系の味なのですが、 味が薄いと言うわけではなくしっかりと旨みを感じさせてくれます。

また、一緒に入れる野菜たちの味も邪魔しないというか、逆により引き立ててくれ野菜の甘味を楽しむことができます。

ただし、少しお湯で鍋つゆを薄める必要があるのでご注意を!

 

一緒に購入したみつせ鶏は、いつもスーパーで買っている鶏肉よりも身が詰まって、プリッとした食感なので鍋以外にも唐揚げとかにもおすすめです。

 

 

赤から

 

f:id:min60037119:20191226225116j:image

 

名前から見ても辛そうなネーミングですが、想像通り辛いです…。辛いのが好きな方におすすめで、辛いものやキムチ鍋が苦手な方にはこの鍋はとても辛く感じてしまうかもしれません。

 

名古屋味噌と赤唐辛子を ブレンドした一品らしいのですが、この鍋は辛さが選べるようになっています。

 

種類としては、

①辛いのが苦手な人も食べれるマイルドな辛さの1番

②人気No.1の3番

③赤から通な辛いもの好きは5番

④自分の限界に挑戦!の15番   
以上の4つがあります。

 

私は間違って5番を食べたのですが口から火が出るかと思うほど辛かったです。

いつもは、1番を食べるのですが美味しかったです。旨味のある辛さで完食できました。