クリスマスツリーのオーナメントにはそれぞれ意味がある!

毎年クリスマスシーズンが訪れると、街の様々な場所でクリスマスツリーを見かけますよね。
皆さんの自宅でも、クリスマスツリーやリースを飾る所も多いのではないでしょうか。

 

f:id:min9821:20201204211623j:plain

 

そんなクリスマスといえば、必ずと言っていいほどツリーやリースに様々なオーナメントをつけています。
見ていると楽しい気分になるオーナメントですが、それぞれどんな意味や由来があるのでしょうか?

今回は、クリスマスオーナメントの意味や由来についてまとめました。

 

 

 

クリスマスの飾りの意味とは?

トップスター

クリスマスツリーの一番上に、飾られている星型の飾りをトップスターと言います。
このトップスターは、キリストの誕生を東方の三博士に知らせた「希望の星」からとったようです。


キリストの誕生を知らせたこともあり、人々を導くような大きい星は縁起が良いとされ、クリスマスツリーの頂上にあるそうです。

 

クリスマスベル

クリスマスベルは、キリストの誕生日を知らせるための喜びの音のベルという意味があります。

そのことから、お店で売られているベルの飾りの中にも、天使とセット販売されていることもあり、天使がベルを持ってキリストの誕生日を知らせる役目がある事が元になっています。

加えてベル自体にも、魔除けの効果があるため使われているそうです。

 

オーナメントボール

最近では、金属性メッキのボールが定番化していますが、それまではリンゴを飾る所もありました。
リンゴは、幸福や豊かな実り等の願いが込められて、ツリーに飾られるようになりました。このオーナメントボールも、リンゴに見立てて飾られています。

 

靴下

この靴下は、聖ニコラウスが貧しい家の子供たちを助けるため、窓から金貨を投げ入れたところ、暖炉近くにあった靴下の中に偶然入ったという、サンタクロースのモデルになった話がモチーフになっています。

 

 

 

f:id:min9821:20201204211618j:plain

クリスマスリースの意味とは?

次に、玄関先やお店のドアに飾ることもあるクリスマスリースについてです。
まず、クリスマスリースの飾り付けに使われているリボンは、永遠の絆で結ばれますようにという願いが込められているようです。


さらに、飾り付けられることがある松ぼっくりやどんぐり等は、豊作の願いが込められていたことが由来していると伝えられています。

 

 

クリスマスツリーは何故もみの木を使うの?

クリスマスツリーに使われる樹木として、1番最初に思い浮かぶのはもみの木ではないでしょうか?
クリスマスツリーで使われているもみの木は、冬場でも葉を落とさない力強さを持っていることから永遠の命の象徴とされ、諸説がありますが永遠の命という意味を踏まえクリスマスツリーとして使われた説があります。

長く飾り付けるからこそ、オーナメントや葉を落とさない頑丈な木であったもみの木が選ばれたのかもしれません。