冬に備えて、電気毛布を用意しよう

部屋が寒い時に暖房をつけることもありますが、部屋が乾燥してしまうのであまり暖房を付けないようにしています。そんな時に手っ取り早く温まる方法として電気毛布があります。

 

f:id:min9821:20201002224805j:plain

 

自分の体を温めるだけで十分なので、電力も部屋全体を温める暖房に比べて省エネにもつながります。さて今回は、そんな電気毛布の選び方についてです。

 

 

 

使用目的にあった電気毛布を選ぶ

最初に、電気毛布にも様々な種類があります。そのため、自分に合っているタイプを選ぶ必要があります。

 

床に敷くタイプ

床に敷く電気毛布は、その上で寝ることができるように長さが様々あります。座っている時に足の裏から温めたい方は小さい物でもいいですし、電気毛布の上で眠れるようにしたい場合は使用者のサイズに合わせた商品を選びましょう!

特に冷え性の方で寒くて寝づらいという時は、就寝前に寝床で使うことで安眠しやすくなります。

 

膝掛けタイプ

膝に掛けるタイプの電気毛布は大きめサイズが、おすすめです。膝掛けタイプは、膝だけでなく肩からも掛けることができるので、ゆっくりとくつろぎたいときやデスクワークをする時にも使えます。
会社に持って行くことができるのであれば、薄手のものであれば持ち運びにも便利ですよ。

 

両用タイプ

最後は電気毛布を膝に掛けたり床に敷いたりとどちらでも使えるタイプです。日中は膝掛けとして使いつつ、寒くて眠れない時に使いたいという方におすすめです。

 

 

 

ひとつで2つの役割を果たしてくれるので、敷き用と掛け用をそれぞれ購入する必要はありません。電気毛布を初めて購入する時に、敷きと掛けどちらを選ぶか悩む方にもおすすめです。

 

 

購入時に確認するポイント

洗濯機で洗える物を選ぶ

電気毛布の中で生地によっては洗濯機で洗えるものと、洗えないものがあります。
そのため、購入前に洗濯ができるか確認することが大切です。夏場よりも少ないですが、冬場でも意外と寝ている時は汗をかくので、毛布を清潔に保つためにも選択ができる商品を選びましょう。

 

また、就寝用に使わなくとも日々使う中でどうしても汚れてしまうので、膝掛け目的でも洗濯ができる電気毛布がおすすめです。

 

温度調節ができること

電気毛布の機能に、温度調節機能があります。自分の好みに温度調整できるので、周りの気温にあわせて、快適な温度に変更できるのが魅力です。

また、なかにはセンサーによって部屋中の温度を感知し、自動で電気毛布の設定温度を変更してくれるものもあります。
 

電磁波カットがされること

電気毛布は、電熱線から出てくる電磁波をカットできるタイプだと安心です。人間の体は高レベルの電磁波が当たると、神経や筋肉が刺激されてピリピリしたり痺れることもあります。

電気毛布から出ている電磁波は、ほとんど人体に影響はありませんが、念のため電磁波カットの商品がおすすめです。