マスクはどこまでウイルス予防できる?

皆さんはマスクをどういう状況で使いますか?
花粉症のため、乾燥防止のため、ウイルス対策のためと色んな理由があると思います。

マスクを使う人で多いのはやはりウイルス対策ですね。

そこで今回はマスクはどこまでウイルス予防ができるかまとめてみました。

 

f:id:min9821:20200502182959p:plain

マスクの効果

まず、当然かと思いますがマスクが最も効果を発揮するのは咳やくしゃみのある人がマスクをつけた場合です。

風邪やインフルエンザ患者は1回の咳で約10万個、1回のくしゃみで約200万個のウイルスが外にでると言われています。
そこで、患者がマスクをつけることで周囲の汚染を少なくすることができます。

 

逆に、予防としてマスクをつけてもその効果は完璧とは言えません。なぜなら、顔とマスクとの間に隙間(鼻や頬の辺り)がありウイルスが入ってきてしまうこともあります。

 

さらに、衣類に付着したウイルスが手によって呼吸器に運ばれ感染する場合もあります。マスクだけでウイルスを確実に遮断することはできません。ただし、人の多いところに出る時や満員電車に乗る時などの場合には予防効果があります。

 


マスクの正しい使用方法

マスクを使う時は正しくつける必要があります。また、なるべく顔との隙間がないように顔にフィットするサイズを選択しましょう!

 

【正しいマスクの付け方】

・鼻と口の両方を覆う。

・フェイスラインに沿うようにマスクを微調整する。

 

【誤ったマスク付け方】

・鼻が出ているor鼻の部分に隙間がある

・顎が出ている

 


ウイルス対策で花粉用マスクはNG!

最後にマスクについてですが花粉対策マスクはウイルス対策には使えません。
花粉とウイルスでは穴の大きさが異なり、花粉対策マスクではウイルスから身を守ることができないと言われているからです。


ウイルスの大きさは0.02~0.01μm、花粉の大きさは20~40μmです。

ウイルス対策マスクがない場合は、花粉対策マスクを使用していてもOKですがウイルス対策マスクよりも心許ないので注意しましょう!


マスクだけでは完璧に予防はできなくなっています。こまめな手洗い・うがい等の予防方法と併用することによってより確実な予防対策となりますよ。